スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子たち


隣に住んでいるんですが、上の息子が時々、やってきます。

来れば、ここ一年、自分が会社から命じられた、新宿の地下街に料理屋を出店する話です。

こちらが、若い企業戦士の頃、こんなに燃えていたろうかと思うほどです。

ジュンジョウデナイ燃え方です。

最初は自費で、外国視察なんです。

そのうち、会社も熱意を理解したのか、出店の運びになったようです。

上司から、なかなかオーケーをいただけなかった話。

先輩からのアドバイス。

納得いかなかったが、その場では引いた話。

それはそれは、燃えっぱなしでした。

それが、4,5日前にやっと開店にこぎつけたんです。

そこまではよかったんですが、腰痛でダウン。

どうなることかと、こちらも心配でした。

お店が、コンランしている様子が見えるようです。

家に来ては、俺が命を懸けてやった仕事だと、息巻いていたのに。

隣で見ていても、気の毒で可愛そうでした。

ネットでぎっくり腰を調べてほしいと、電話をしてきました。

今は、便利。

近くの病院の整形外科の先生は誰で、経験はどの程度か、分かってしまうんですね。

嫁さんは、もっと詳しく予約時間まで調べたようです。

それが、先ほどイタイイタイと言いながら、やってきたんです。

実は、下の息子が、仕事の関係でこちらに帰ってきたんです。

久しぶりに、4人そろいました。

上の息子は、ビール大好きなんですが、腰のことを思ってか飲みませんでした。

明日の病院行きの話が中心でした。

帰って、嫁さんと相談するそうです。

明日は、嫁さんの学校の卒業式のはずです。

代わりに付き添いに行くよと、話しておきました。

下の息子は、どうしても事務所に帰ると言うんです。

夜、11時の電車に乗りたいと言ってます。

荷物を持ってやることにしました。

自転車に積んで、駅まで1キロ、二人で走りました。



上のは腰が痛いだろうが、ふたりの息子とこんなに話し合ったのは、久しぶりでした。

駅からの帰りに、満月に近い月が出ていました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

お見舞い有難うございました。
実は、私も、38歳のとき職場が変わって、勤務内容がいすに座るようになってしまい、5月の連休中に、ギックリ。
当時の和式のトイレは、厳しかったです。
初めての連休は、全部寝ていました。
プロフィール

田舎教師

Author:田舎教師
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。