スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真00075-1

楽しい、楽しいひとときだった。
連写で撮っていたシャユウが、作品選びが大変と言っていた。
スポンサーサイト

写真00088-1

写真00095-1

写真00143-1

三笑亭笑三

写真00166-1
日本橋亭での、笑三の撮影会に行ってきた。
5~6年前にも、一度だけお世話になった事がある。
その時は、特設のスタジオだったが、今度は本物の寄席である。
80歳を越えているはずだが、お若い。
話芸の達人は、声が違う。
後ろまで良く通る。

撮影に夢中で、落語の筋などよく分からなかった。
皆が笑うから、笑ってシャッターを押した。
筋を追いながら押さねばと分かっていても、手を上げたから押すとなってしまう。
予測はチャンスはなかなか掴めない。

写真00186-1

一番前のが、この家族の頭領なんだろうか。
ちょつと先を行く。

写真00185-1

朝の光を受けて
白鳥は食事に出かける
八郎潟まで行くやつもいるとのこと
100キロや200キロはあるだろうに

写真00110-1

福島潟の朝。
白鳥の飛び立ちを待つ。

写真00108-1


瓢湖の白鳥
外で食事して、この湖に帰った
休む

瓢湖・・・福島潟

写真00078-1

雪かきの農夫。
左の立ち木は、稲掛けの「ハザキ」。

写真00059-1

巫女さんが賽銭箱を開けに来ました。
それが、なかなか空きませんでした。
10分ほども、鍵をガチャガチャやっていました。
手伝いましょうかと言ったら、
私の仕事ですから
とのことでした。
あきらめて帰りました。

写真00056-1

灯篭の上の雪です。
なんに見えますか。

写真00051-1
参拝者ほとんど居りませんでした。
後ろが弥彦山です。

写真00031-1

雪女に見えませんか
弥彦の杉に張り付いていました

弥彦神社参拝

写真00024-1

しばらくご無沙汰しました。
体調に少々心配があったものですから、ここ一年ほど悶々としていました。
先日、幸いその道の防衛医大の専門家に診ていただきまして、心配ないとの診断が出ました。
年相応で気にしすぎとのことでした。
天にも昇ると言いますが、まったくそんな気分で、それ以後頭の重石が取れたようです。

そんなわけで、地元公民館のサークルで撮影会があるからどうだ、参加者が少なくて困っているとのお誘いを受け、新潟に行ってきました。
弥彦神社・・・白鳥飛来地の瓢湖・福島潟・・・出雲崎海岸と回りました。

そして、歩きました

100131神楽坂 124-1

100131神楽坂 116-1

100131神楽坂 100-1

100131神楽坂 099-1

100131神楽坂 094-1

にんにくの料理店

100131神楽坂 047-1

ペット多し

100131神楽坂 072-1

写真00087-1

毘沙門天

写真00108-1

写真00130-1

日曜日、神楽坂に行ってきた。
大江戸線・牛込神楽坂駅に集合。
ずいぶんと久し振りだ。
飯田橋には寄ることがあったが、こちら側は40年ぶりくらいになる。
若い頃、子どもの詩の仕事に熱を入れていた。
埼玉県北出身の岡本潤と一緒に、朝日ジャーナルに紹介された事があった。
その時、ここで、出版記念会をやったのである。
それ以来である。

毘沙門様に、お参りした。
たいしたお祈りではなかった。
健康で、写真が撮れます様に、それだけ、家内の分までお祈りした。

たくさんの人出でである。
芸者さんが歩いていたら、撮らしてもらおうと思っていたが、半日歩いていても、一人も会わなかった。
ペットを連れている人が、とても多い。
会う犬ごとに、種類が違う。
出来るだけ、裏通りを歩いた。

写真00090-1

写真00071-1

写真00002-1

神楽坂散策

写真00001-1
プロフィール

田舎教師

Author:田舎教師
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。