スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイレン



皆さんのブログを拝見すると、食べ物の話、花の話が、群を抜いて多いですね。

一番関心があるのかなあ。

それとも、身近にある題材だからかなあ。

そんなことを考えていると、私のボロボロのダチョウや毛の抜け変わるサルの話など

皆さんと、少々、外れているような気がしてきました。

皆さんいかがですか。

反省に、スイレンを添付します。
スポンサーサイト

多摩動物公園・・・・サルの悲劇



昨日、5/27、多摩動物公園の撮影会に行ってきました。

子供連れの見物客で、大賑わいでした。

サル軍団の前にも、たくさんのお客さんでした。

飼育係りの二人が、汚物の掃除をしていました。

大変な仕事でした。

女の飼育員が、バケツに汚物を入れて何回もコンクリートの坂を上り下りするのは、

胸を打たれました。

「人間に、よく似ているね。」

1年生くらいの男の子が、父親に話しかけていました。

この子供は、人間に似ている何を見たんでしょうか。

もちろん、ちょっとした仕草でしょうが、この毛が抜けている背中。

夏になるので、抜け替わる時期かもしれませんが、

一瞬、

 ぼろぼろのダチョウ

という詩を思い出しました。

高村光太郎だったでしょうか。

人間に飼育されて、見物されて、ぼろぼろになっていくダチョウを

歌ったものでした。

その時、親が子供を殺す「子殺し」のニュースが、頭をかすめました。

サルでしたか、オランウータンでしたか、次のオスのために、前のオスの子を殺すという

話を聞いたことがあります。

人間とサルは似ている、・・・・・似てほしくないですね。





二人仲良く、寄り添うインコもいました。

カラスくらいの大きさでした。

向こうへ行ってよ、と言ってる様に見えませんか。

こちらがオスかな。

右側のインコだけ、こちらを何回も振り返りました。

何を考えているんでしょうか。

メスを得た喜びなのか。

行く末を迷っているのか。

左側のインコは、ピクリとも動きませんでした。

3時になりました。

お客さんも、帰り仕度を始めています。

ダビンチ展・・・・受胎告知



5/24、昨日、地元の写真仲間と東京めぐりに出かけました。

最初は、オリンパス・小川町の忍野富士写真展。

毎年、ハイクラスの写真には、教えられます。

毎年のことですが、富士山近くの方でないと

撮れない作品が目をひきます。


つづいて、上野のダビンチ展に向かいました。

上野の森は、高校生をはじめたくさんの参観者でした。

「受胎告知」だけが第一会場にありました。

モナリザや最後の晩餐は、なんとなく頭にありますが、

受胎告知は衝撃でした。

縦・2m、横・4mの横長なワイドな絵。

天使とマリアでは、マリアの方が大きく描かれているように思い込んでいました。

天使の方が、大きめなんですね。

確かに、告知をしているのは天使ですから・・・・・・。

子供の天使が、

「あなたは、妊娠しましたよ。」

これも様にならない。

やつぱり、大人の天使がいい。

天使は、真横向き。

これもなにか計算があるんでしょうね。

二人はどんな会話をしているんでしょう。

宗教画ですから、さまざまな背景があるんでしょうが。

残念ながら、浅学な私には分かりません。

ありがたくお受けいたしますと言っている様にもとれるし

私は、男の方を知りません、と言っている様にも思えてきます。

それとも、聖書に書いてあるんかな。

知っていたら、教えてください。

縦横・2メートル、4メートルのワイドな絵。


込んできたので、5分ほどで、第2会場に向かいました。

解剖、力学、航空力学、鋳物、天体観測、数え切れません。

ダビンチの天才ぶりに、驚くばかりでした。



宝樹・・・タワシノキ・・・ブラシノキ



今日は、暑くなりそうです。

なんとか今日のうちに、庭の草どもを退治しょうと、

朝のうちに下見に行きました。

こんな花が目に付きました。

アジサイの向こうに隠れていたのです。

我が家では、タワシノキと言っていましたが、「宝の樹・宝樹」と言うだそうですね。

家内が通販の案内書で、調べてくれました。

黄宝樹という黄色の花の種類もあるようです。

それにしても、今はあまり見ませんが、煙突掃除のブラシにそっくりですね。

ホタルブクロ



肩が痛いので、庭は荒れほうだいです。

ここ2,3日、いくらか良いもんですか、

昨日は、草取りをしました。

調子に乗って、2時間ほどがんばりました。

おかげで、両腕をチャゲムにやられてしまいました。

チャゲムというのは、茶の木やツバキにたかる毛虫のことです。

食われた痕が、10箇所ほど残っています。



ですが、いいものに出会いました。

去年も紹介したような気がするんですが、ホタルブクロが咲いていたんです。

ホタルブクロに出会うと先輩の歌を思い出します。

 亡き妻が植ゑて幾年夏来れば
 ホタルブクロは俯きて咲く

控えめで、静かな花です。

我が家のホタルブクロも家内が植えたものですが、去年より何本か増えたようです。

先輩には悪かったと思いましたが、

 「こんな悲しい歌は、俺に歌わさないでくれ」

両腕と背中に、薬を塗ってもらいました。

柿若葉



10時ごろ、先輩の出版記念の会があるというので

準備して外に出ました。

なんとなんと、青空に柿若葉が、それはそれは

鮮やかでした。

となりの息子夫婦の家の前にある、柿ノ木なんです。

息子が小学生の頃植えたものですから、

40年近くたっています。

平屋をはるかに越えています。

柿は、葉も良し。

実はもちろん大好き。

落ち葉の頃、ふらふらと二三枚の残り葉も良し。


 来年も この柿若葉 見たいです

神宮橋の像




昨日、写真の団体の月例会で、原宿に行きました。

少々時間があったので、そばの神宮橋に行ってみました。

人だかりがしています。

ブロンズの銅像が立っていました。

ネクタイも風に吹かれて、吹き上がっています。

カラスまで居るではありませんか。

これが、じっと止まっているのです。

人間が中に入っているなとは分かっているのですが、

一瞬、銅像に見えてくるんです。

下には、ザルがおいてあります。

「写真を撮っても結構です。これが、私のしごとです。」

という意味のことが、書かれていました。

1000円札が、2,3枚。

100円や10円が、たくさん入っています。

私も入れようか、どうしょうか、迷いました。

彼が、見ているような気がしてきました。

100円だろうか10円だろうかと考えているように思えてきました。

下のカラスに目が行きました。

彼の目も動いたような気がしました。

立ち去ろうとすると、グラツとゆれました。

そのまま静止しました。

彼は、やはり見ていたのです。

アイリス


庭に出てみると、アイリスのつぼみに日が

かすかに当たっていました。

アイリスやあやめの季節ですね。

そういえば、昨日、20代からの友人が

潮来の散歩を計画しているからと言う

電話が入りました。

もちろん、来月のことですが、楽しみにしています。





その先に、カルミヤが満開でした。

小さな花が、集まってひとつの花のように見えます。

いよいよ暑くなりそうです。

人間模様・・・・・原宿Ⅱ




はずかしい、はずかしいと言いながら

撮らせてくれました。



原宿の駅前で、チラシ配り

楽しそうです。

人通りが、一瞬切れたので撮りました。



竹下通りのど真ん中、キイホルダーに

名前を彫っているんです。



看板男に、道を聞いているんでしょうか。


なんのサンドイッチマンか分かりませんが、

赤ちゃんをあやしているんですね。





さてさて、原宿の人間模様が、撮れたでしょうか。

人間模様・・・・・原宿


5/5、こどもの日。

原宿の撮影会に出かけました。

先生から、「人間模様」という課題がでました。

さあ、何処から攻めようかと、竹下通りを歩きました。

1000円の看板を持ったかつこいい青年がいましたので、

一枚お願いしました。

快く、受けてくれました。

少し行くと、こんな愉快なコックさんに会いました。

おいしいよ。

座れるよ。

小生に向かって、「お年は関係ありませんよ。」

と言う呼び込み。

一枚お願いと頼みました。

この娘さん、泣いているように見えますね。

半額半額、半額と連呼しています。

声がかすれています。

撮らせてもらったお礼に、アイスをもらおうかなと

思ったのですが、ダイエット中。

ガマンしました。


橋の方に向かいました。

歌の上手な二人娘が、拍手を

もらっていました。

プロのようでした。

マネージャーらしき人が、なんやかや手伝っていました。


たくさんの人ごみ、若者、中年、子持ちの若者、老人、外国人。

様々な人間模様がありました。

明日、もう少し探してみます。

昭和記念公園のポピー


昨日、4/30、一月ぶりにカメラを担ぎました。

まだ、少々、首に違和感があったのですが、

首に掛けないように準備して、

出かけました。

ポピーの花の数よりも多い人出でした。

4/29は、初めての「昭和の日」で、入場料が無料ということで、もっとたくさんの人が出

たとのことでした。

ポピーの周りも、たくさんの人出とカメラマンで、いっぱいでした。

花びらを包んでいた苞が、花びらについていました。

どちらが親でどちらが子か分かりませんが、親子のように見えませんか。
プロフィール

田舎教師

Author:田舎教師
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。