スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭山湖の富士山


写友に乗せていただいて

松坂君のいた西武球場の隣の

狭山湖に行ってきました。

3,4年前に整備されて、撮りやすいポイントです。

カメラ屋さん、家族連れで20人はいました。

太陽の左下が、富士山です。

忍野あたりから見た感じですね。

富士の近くに行った気持ちになって、落日を待ちました。
デジカメに300ミリを着けていますから、

450ミリとなります。

右から太陽が当たっていますから、

赤く焼けたんですね。

赤富士、紅富士とは、色合いが違いますね。

手前のごみのような物体は、カラスの助のようです。

ゴミみたいに見えます。
30分のドラマでした。

カメラ屋さんも、ボツボツ帰り始めました。

雲でもあれば、もう少し様になるのに

と思いながら、カメラをしまいました。

右上に星一つ。
スポンサーサイト

西伊豆・・・・大瀬崎・井田・戸田の旅


12/19、20と、西伊豆撮影会・忘年会の旅に

9人ほどで出かけました。

天気は、からりとは行きませんでしたが、

ガマンどころでした。

これは、大瀬崎を山の中腹から撮ったものです。

右前方が、沼津の市街地です。
朝の紅富士をねらいました。

5時半に起きて、10キロの機材をかついで、

それに三脚を持って薄暗い中を10分ほど

歩きました。

あまり寒くはありませんでした。

その分、富士の赤さもイマイチでした。
前日、戸田にも足を伸ばしました。

半島の先に、牧水の歌碑がありました。

猫君に、ポーズをとってもらいました。

幸せそうな猫の介でした。

富士をちょっと入れました。
しばらくすると、これも幸せそうな

お二人さんが、やってきました。

夕日を見に来たのでしょうか。

何を話し合っているんでしょうか。
山あいに落日。

西伊豆は、落日のきれいなところが多いと聞いた

ことがありますが、本当でした。



夜は、楽しい忘年会でした。

写真撮影より盛り上がったようです。

暗い話・・・・腰痛


昨日12/14は、千歳烏山の寺町撮影会

でしたが、残念、休みました。

寺町をブログで紹介しようと思っていたのに

残念。

実は、昨日の早朝から腰痛なんですよ。

高校のとき親友に走り幅の得意のやつで腰痛のがいて、お爺さんみたいだなと言っ

たのを思い出しました。

朝起きると、左の腰が痛くて、立ち上がるのがやっとでした。

ヤーフーで、検索してみました。

 ・背骨の異常 ・内臓疾患 ・ストレス

などなど、あるんだそうです。

どれも関係しているような気がするんです。

マイッタマイッタ。

来週、早々に西伊豆の撮影会があるんです。

整形外科で腰を引っ張られて、なお悪くなったら大変と、家内が言います。

撮影に行けなくなってしまいます。

事務局をやっているもんですから、欠席になると大変。

しばらく様子を見てからにしようと言うことで、スースーするやつを

ペタペタ張ってもらいました。



添付の写真は、横浜港の赤レンガ前を歩く、ご老人夫婦です。

私も、あんな形で歩くとなると、ちょっと心配です。

全国の友よ。

腰痛の対策、教えてください。

納め会


小生、納め会はちょっと多い方なんです。

12/10、昨夜、上野の超一流店で、年に一度の飲み会がありました。

60、70人ほど集まりました。

先生の一年間の反省がありました。

いまどき、やっぱり、デジカメとフィルムカメラの関係でした。

悲しい話ですが、写真展が出来る会場も、極端に減少とのことでした。

我が団体が、使わしていただいていた、新宿東口のコニカミノルタさんも、撤退。

西口の野村ビルさんも、縮小。

デジカメが、こんなに写真界を変えるなんて、思っても見なかったですよね。

でも、逆に考えると、デジカメが増えることは、シャツターを押している人は、

携帯デジカメを含めて、増えていることなんですよね。

実は、喜ばしいことなんですよ。

そう、考えないと悲しくなりますよ。

写真界は、ますます隆盛なんですよ。

フィルム派は、悲観的過ぎますよね。

皆さんどう思いますか。



さて、納め会で準優秀作家賞をいただきました。

添付の写真がそうです。

この盾、結構大きいんですよ。

縦が40センチ位あるんです。


これをどうやって撮ったと思いますか。

大きな白いカレンダーの裏の前に、盾が立ててあるんです。

蛍光灯の関係で、こんな色になったんですよね。

左が、ちょっと狭いですが。

かんべん かんべん。



飛鳥・・・・・横浜入港


12/6.飛鳥2が、入港しました。

撮影会があるというので、

出かけました。

2時の予定でしたが、少し早まりそうだというので、

急いで桟橋に行きました。

何十年ぶりの桟橋でした。

木の鯨の上を歩くような不思議な錯覚に、戸惑いました。

三脚を立てる間もなく、小さなボートを連れてやってきました。

後で分かったのですが、船のお尻を引っ張るんですね。

接岸に頭で押すのかと思ったら、お知りに手綱なんです。


240メートルもあるんだそうです。

今回は、世界旅行ではなくて、国内一周だとか。

知人同士で、手を振っている人がたくさんいました。

どこかの放送局も撮影に来ていました。





かもめの出迎えです。

遠くには、マリンタワーも見えます。

今晩は、このままここに停泊するんでしょうか。

中華街の散歩に出かけますので、バスに集合

してくださいと、放送していました。



大型客船に乗るのは、いろいろ作法があるんだそうで

敬遠していましたが、乗りたくなりました。

師走の新宿夜景


12/2の夕方、新宿は冷えていました。

写真の例会まで、時間があったので、

少々、歩きました。

土曜日でしたので、ビルは黒い建物でした。

暗いので1600に感度を上げて、

すべて手持ちで撮りました。

それでも、クリスマスの電飾が

ありました。

放送局も撮影をしていました。

カメラを向けている人も、何人か見かけました。


だんだん今年も、大晦日に近づきます。

タイの土産・・・・人形、仏像


息子が、会社の仕事で、タイに出かけました。

5日ほどの滞在でした。

今、タイの南部ではテロがあるとか、

政権が不安だとか聞いたものですから、

ちょっと心配しました。

先日、無事にもどりました。

その土産が、この女性の像です。

日本には無いような荒い材質です。

ヤシかなあと息子は言ってました。



さて、きのう上野の国立博物館で仏像展を見てきました。

奈良、平安の作品から、江戸時代の円空、木喰までの仏像が、

146体も展示されていました。

国宝、重文が45体もあるそうです。

話に聞いたり、図鑑で見たりした仏像もありましたが、殆んどが初対面です。

11面観音菩薩立像・滋賀、向源寺の前には、たくさんの人だかりでした。

寺外初公開だそうですね。

その姿の美しさは、文人、写真家を魅了したと聞いたことがあります。

仏像に詳しくない小生でも、その前をなかなか離れられませんでした。

何か、話しかけてきそうでした。



腰のなだらかなラインが、なんと息子にもらったタイ土産と似ているんですよ。

人の理想像は、いつの時代も同じなんですね。



プロフィール

田舎教師

Author:田舎教師
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。