スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンタージュ・・・・合成


新宿御苑の大木戸門の近くに、

半年ほど前に、カメラのキタムラさんが、

写真のギャラリイを開店しました。

そこで、私が所属する団体が

写真展を開催しています。

そこに、添付の「さらば YS」を出展しています。

少々 異色なので、どうしょうか迷いました。

浦和で毎年、全日写連が開催する作品展や上野の二科展なども

見に行きました。

この種の作品が、何点かありました。

あんまり外れていないなあと思い、出展に踏み切りました。



話は、さかのぼりますが、この9/30でこの戦後の国産1号機は引退しました。

ゼロ戦の技術が、生かされていたんだそうですね。

近くの飛行場が、この飛行機の練習場でしたので、いつも飛んでいるのを

見ました。

引退と聞いたときに、なにか祝ってやろうと思ったのが

この作品を作るきっかけでした。

最初は運動会の上を飛ぶYSを考えました。

2会場ほど撮りましたが、気に入ったのはありませんでした。

そこで、シオサイトに3回ほど通いました。

そして、この作品を合成したんです。

合成の作品を、嫌う人もいますが、組み写真と思えば、どうでしょうか。

意図的に主張を持っていますから、アートに近づいているようにも思えます。

いかがですか。
スポンサーサイト

平林寺・・・・追伸


写真だけ、添付します。

鐘つく前のお祈り。
上に同じです。

檀家の方も出入りしているようです。
本堂の西側、定番です。

たくさんシャッターが、押されていました。

武蔵野・・・・平林寺


新座の平林寺に行ってきました。

先生ご夫妻ほか、幹部の先生たちも

たくさん参加しました。

新人も見えたり病状回復の親友も参加し

にぎやかな撮影会でした。




残念ながら、紅葉は3,4分程度でした。

あと、10日もすれば撮り頃でしょう。

一番の添付は、本堂を西側から撮ったものです。

カラスよけの鉄線が邪魔でした。

二番の添付は、紅白の綱と並べて撮りました。




この寺には、たくさんのお坊さんが居られます。

この方は、お孫さんを抱いているようですので、

高い位の方ですね。

子供さんが、紅葉を指差ししているので

チャンスと押しました。

ゴーンではなくて、ガーンと突然梵鐘がなりました。

お祈りをしたあと、幾つつくのか、結構長い時間

なり続けました。

若いお坊さんです。

急でしたので、よいポイントが見つかりませんでした。

緑と黄色と赤とモザイク状に構成しました。


午前中は、薄日が差したのですが、

午後3時、だんだん冷えてきました。

高齢、高齢、 カゼをひいたら大変。

先生にご挨拶して、早めに引き上げました。

箱根の羅漢寺・・・・長安寺


11/19、箱根の山は、大雨でした。

こんな羅漢さんが、迎えてくれました。

ここは、箱根の仙石原の長安寺さんです。

曹洞宗の1356年に創立された古刹です。

紅葉も真っ盛りでした。
本堂の裏山に、羅漢さんはいらっしゃいます。

五百羅漢は、昭和60年からの建立で現在も

進行中とのことです。

羅漢さんは、あちらをむいたり、こちらをむいたり、

ばらばらに座ったり、立つたりしています。

この羅漢さんは、紅葉を見てらっしゃるようですね。
ほっぺたをふくらませて、脅してるのか、

怒っているのか、なにか不満そうですね。

後ろの羅漢さんに、叱られたのかな。

このお寺さんには、ここ8年ほどで3回目ですが、

必ず、シャッターを押します。


ちょっと猫背で、遠い遠い先を見ている

人生の大先輩のような気がしませんか。

左の方にも羅漢さんが居られますね。

すこし、年下かな。

政治、いじめ、自殺、・・・・・・・

お話していることが、聞こえてきそうです。
後ろのお二人は、向こうを向いています。

こちらの羅漢さんは、参道のほうを向いています。

何か、天に向って話しているようです。

それとも、3人で話が合わなかったのかなあ。

縦のラインがすっきりしていたので、撮りました。



如来、菩薩となるとなにかお願いしたくなります。

手を合わせます。

羅漢さんは、話しかけたくなります。

相談にのってくれそうに思えます。


今、2時半、雨はますますひどくなってきました。

店じまいしようと思いましたが、なかなか立ち去れませんでした。

鳩ノ巣・・・・奥多摩


鳩ノ巣に行ってきました。

紅葉までには、10日位かかるんでしょうか

紅葉のかわりに水の流れを撮っていると、

巨大なクレーンが見えてきました。

周りの山には不釣合いなクレーンは、

青空にぐんと突き出ていました。

何のためなんでしょうか。

工事でもするんでしょうか。

まあまあ、それはいいことにして、ここは思い出の場所なんですよ。

いまから50年も前に、職場の親睦旅行できたことがあるんですよ。

4月に勤務して、初めての旅行だったように記憶しています。

先輩のいつもと違う姿が見られて、楽しかった。

そうです。

下宿先に「へそまんじゅう」を買ってきたことを、思い出しました。

一芸に秀でるは


先輩の叙勲祝賀会が終わって、

最後の事務整理にお宅を訪問しました。

玄関や広い庭に、菊の花の盛りでした。

事務的な話が終わって、菊談義になりました。

日比谷の菊展示会に、最近出品したときのことが

話題になりました。

審査会の5日も前に、トラックで運ぶんだそうです。

ちょうど審査の日に、花が最高の見栄えになるように、調節して出すんだそうです。

恐れ入りました。

西武ドームでのバラ園でも、おんなじ様な話を聞いたことを思い出しました。

生き物を出展するとは、大変なことですね。

写真展の審査会のほうは、ずっと気を使わなくてすみますものね。

菊は、年に一時でしょうが、写真は毎月審査会ですよね。

こちらも大変かな。


実は、この先輩は、30何冊も研究書を出している、全国的な方なんですよ。

その先輩が、菊つくりでも結構なとこまで行っているんだから、驚きですね。

「一芸に・・・・・・」

その菊の一鉢を、頂いてきました。

そんな話をしながら、家内にバック紙を持たせて、パチリ。

日展・・・・工芸


写友から、日展の案内を頂きました。

11/8、見学・鑑賞してきました。

美術の秋、立冬。

上野の都美術館は、満員でした。

日展の後にある美術展に、写真を出展許可されましたので、

作品を担いでて来ました。

さてさて、日展の友人の作品は、添付の工芸の部門でした。

お分かりにくいかもしれませんが、染色です。

2×3メートルほどある、大作です。

そこに、煙が立ち上り、天女が舞っています。

背景は、月でしょうか、地球でしょうか。

月は、下の方にありますから、地球でしょうか。

下には、砂漠地方のような山々が見えます。

砂漠の国の悲しみに舞う、仏教の天女・飛雲にも見えてきました。

読みすぎかな。

それにしても、染色と言う技法と仏画の世界が、うまくマッチしているなあと

毎度ながら、感心して会場を後にしました。

おめでとう。

永代橋・・・・15夜


11/5の夕方、永代橋、佃島の撮影会がありました。

ここ、7,8年で4,5回行ってるのですが、

なかなか気に入った風景に会えません。

しかし、今夜は何と15夜ではありませんか。

ちょうど、川向こうの門前仲町の上に、お月さんが

出ていました。

日曜だったので、船もたくさん通りました。

子供が、近くに住んでいるものですから、帰りに寄りました。

家に帰ったら、11時でした。

お月さんは、雲に隠れて見えませんでした。

航空ショウ・・・・・入間基地


11月3日、文化の日。

毎年、近くの入間基地で、航空ショウが行われます。

たくさんのファンが、見物に来ます。

私も、行きたかったのですが、午前中、ちょっとした地区の行事があったので、

参加できませんでした。

家の裏で、見ることにしました。

12時頃になると、たくさんの見物客が、道路に待機します。

ブルーインパルスが、編隊でやってきました。

もっとも人気のあるアクロバット飛行をするショウです。

拍手が沸きました。

そのうち、ハートの絵が出てきました。

星も大空に描かれました。

逆さになって編隊飛行したり、それはそれはの30分でした。

天気も最高。

今年も、飛行場には、昨年と同じなら、20万人もの人が来場したことでしょう。

まだの方は、来年はどうぞ。

池袋から飯能、秩父方面に向って約40分、稲荷山公園で降りるとすぐです。

いもたこなんきん・写真館


雑誌の編集のお手伝いをしているものですから、

さいたま市まで出かけました。

会議が終わって、時間があったので少々散歩しました。

ギョクゾウ院という、懐かしのお寺さんがありました。

学生の頃は、よく散歩に行ったものでした。

ややや

その隣に当時の写真館が、健在だったんです。

例の朝ドラの「いもたこなんきん」の写真館なんですよ。

ちょうど50年前に、就職試験用に人物写真を撮ってもらったんです。

あの頃に、タイムスリップ。

就職難の時代。

家から離れて、同級生と下宿。

結婚、子供ができて、家を建てて、なんとか人並みにがんばって退職して、還暦以後を

生きる。

そして、今の生活につながっていきます。

50年のなんと、なんと速き事か。



あの写真、どこかにあるかな。




プロフィール

田舎教師

Author:田舎教師
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。