スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年


平成十八年
いぬ年、いよいよ私の年になりました。
体力、知力の維持には十分注意しているつもりですが、意に添わぬことがときどきあります。
年相応と思いながらも、歯がゆい時があります。
そこで、昨年から毎日ブログに挑戦しています。
若き日の日記指導を思い出しながら、世界に発信する快感に、のめり込んでいます。
若者の心が少し分かるような気がします。
スポンサーサイト

西湖--氷の芸術パートⅢ


全長10m、高さ5mもある巨大な怪獣をイメージした氷の芸術です。
何人ものカメラマンが撮影していました。
背中の間から富士を見て撮りました。

精進湖-逆さ富士


氷上に逆さ富士が出ました。
カメラを50センチくらいまで下げて、富士を引き寄せて撮りました。
朝の10時ごろでした。
高校生がマラソンの練習をしていました。

富士山撮影会


12/27-28と富士山撮影会に行ってきました。
地元の元同業OB会の写真仲間6人です。
山中湖パノラマ台-三つ峠泊-精進湖-西湖-の順に回りました。
三つ峠には、宿の方がジープで迎いにきました。
67・35・デジ35と三脚でなんと13キロ。
元気老人も助かりました。
三つ峠の夜は、さすがに1700メートルの高所、夜はなんとマイナス15度。
この添付は、初日の三つ峠からの夕景です。
左側の裾野のラインがきれいでした。
日没になると、河口湖町の明かりが見えました。
太宰治のことを思いながら撮りました。
NHKの1/14からの井上靖の「氷壁」もここで、撮影したとか。
次の朝、フイルム撮影。

クリスマスーローズ


クリスマスの関東地方は、良いお天気ですね。
クリスマスと言うと美しい華やかな電飾が想像されますが、庭の花を添付します。
こんなに寒いのに、日向ぼっこしながら咲いていました。

冬至のいとこ煮


前のページを作成していた時に、妻が料理したものです。
お昼の4Cのミノモンタの番組を見たのだそうです。
冬至の料理として、小豆とカボチャを煮たものです。
小豆は甘い缶詰をつかったそうです。
東北の料理のようです。
これは一品です。
皆さんもお試しください。
我が家では、年越しの時も作ろうと言う事になりました。
いとこ煮とは、親子ドンブリなどと同じ命名かな。

今夜間に合う方もいるかと思い、急ぎブログしました。

元気広場


町を元気にしようと言う事で、お父さんもお母さんも、おばあさんもおじいさんも、立ち上がりました。
自治会長さんもOBの校長先生も各団体の皆さんも参加して
クリスマス会が地区の広場でありました。
市長さんも、地元のテレビも来ていました。
寒い冬至でしたが、みんな元気に「迷路探検」「ビン倒し」に夢中でした。

「子どもをみんなで守りましょう」と叫ぶだけでなくて、こんなイベントがアチコチで開かれれば、今話題の悪者はみんな逃げていきますよ。

ジェット機


近くに飛行場があるんですよ。
毎日、飛行機が飛んでいます。
散歩に行くと、カメラマンが必ず何人かいます。
朝は、ちょうと゛NHKのハルカを見ている頃飛びます。
ちょっとうるさいですね。
特に、冬が良くないんです。
風に向かって飛びますので、南側に位置する私宅は、騒音。
でも、11/3の航空祭は、ブルーインパルスの曲技飛行が庭の上で
見られるんですよ。
全国から15万人もの人が、来るそうです。
近所は、見物客で交通渋滞です。
今も、飛び立つようです。
聞こえますか?

ナンテン


今日は、年賀状を出してきました。
200枚以上の人は、6パーセントくらいだと読んだ記憶がありますが、235枚ありました。
一人一人思いながら、書くなんて事はなくなってしまいましたね。
プリンターから出てくるだけ。
それでも、出さないと何だか変ですね。
今年は、10枚ほど内容を変えて書きました。メール年賀は止めました。

庭には、花八手とサザンカとナンテンの赤い実しか残っていません。

狭山湖落日 Ⅱ


12/17の記事に、富士がかすかに写っていましたので、追加します。
落日と雲の焼けを70ミリで撮りました。
200から300ミリが欲しいですね。
ポイントより左寄りで撮りました。
富士と落日の間を少なくするつもりでした。
富士の形は忍野あたりで撮った感じが出ますよ。

石仏を撮る


寒波襲来。
上野毛の五島美術館での石仏撮影会、欠席。
寒さ厳しく、体調十分でないのです。
事務局の皆さん、ごめんなさい。
これは、先日、深川探索の時、撮ったものです。
石仏を撮る時は、善男善女がこの前で、何を祈ったかと思いながらシャッターを押します。
そこに自分の姿も見ます。

狭山湖落日


狭山湖と富士が撮れる冬至の頃になりましたので、12/16にロケハンに行ってきました。
10人ほどカメラ屋さんが、富士にレンズを向けていました。
D70の短いレンズしか持っていかなかったので、落日を撮りました。
夕方、西の空は少々もやっていましたが、
落日直前に、さらっと雲が棚引く程度になりました。
富士も見えてきました。
10年程前に山中湖の平野でも、こんな事があったのを思い出しました。
隣のゼンザブロニカ645のレンズ200×2のハイアマも、もうけもうけと言いながら、バンバン切っていました。
長いのを持ってくれば良かった残念。

サザンカの道


忘年会のシーズンで、昔歌った「サザンカの宿」を、ときどき口ずさみます。
近くの学校の校庭に、サザンカの道という植え込みがあります。
昨日もDP屋への帰りにのぞいて見ました。
子ども達が、サッカーをして遊んでいました。
これは、数日前に行ったユネスコ村のサザンカの道です。

マイギラリイへの訪問者


半年ほど前から、写真の友達が増えました。
私が所属する団体の例会で、初参加なのに金賞を射止めました。
ご夫婦ともども写真に熱中の実力派です。
隣の市にお住まいの会社の会長さんでもあるそうです。
今朝、お二人でマイギャラリイを訪問してくれました。
奥さんは、スナップがお得意だそうです。
四五十点ほど見ていただきました。
早春の猫柳の咲く忍野の富士が、気に入って頂きました。

トンビ


トンビだけ撮っている先輩がいるんです。
実は、12/11の夕べの会で、久し振りに会いました。
トンビの方はどうですかと聞くと、羽の抜け変わりがあって、
チャンスがなかなかで、むずかしいということでした。
先日の岩井のトンビを撮ったのを思い出しました。
駅の広場で列車を待っていたときに、残月の周りにトンビが舞っていました。

納めの会

夕べは、上野で所属団体の納めの会がありました。
7,80人集まりました。
会の新人から、超ベテランまで楽しい話が続きました。
たくさんの表彰もありました。
私は、昨年と同じく準優秀作家賞を頂きました。
新しい人たちも、たくさん登場してきてました。
トップ賞は、私の親しい昔同業の友人でした。
いくつになっても、賞をもらうのはうれしいものです。
そして、中華料理を頂いて、紹興酒を頂いて。
極楽極楽。

臨海学校


仲間の3人で,40年も昔に行った臨海学校のあとを訪ねました。
昔の宿は、同姓のお宅はあってもなかなか見つかりませんでした。宿の女将に悪いので、この宿に泊まったと言うことにしました。
時代は、変わっていました。
近くにマンションらしきものも建ち、現代的風情でした。
しかし、裏道に入ると昔の竹垣の細い通りがありました。
遠い昔がよみがえりました。
夕方も、朝も昔を語りながら、浜辺を散歩しました。
添付は、岩井海岸の落日です。

つたと柿の葉


庭の物置に、春からつたが張り付いています。
この間から、紅く紅葉してきました。
つたは、苦労して鉄パンをよじ登っているのに、紅葉して飛んで来た柿の葉を抱いているのです。
毎朝見に行くのですが、今朝もまだついていました。
つたがやさしいのか。
柿の葉に行き場がないのか。

作品研究


地元の公民館で、写真サークルの忘年会がありました。会議は早めにすませて、後半は、頂きながら皆さんの作品を鑑賞します。アルコールの力を借りて、先輩の作品を酷評します。
 ・若い時にはあんな作品は撮らなかったな。
 ・右の木がないほうがいい。人の作品ならきっと言うよ。
 ・ピントが甘いな。
などと、皆こそこそ言います。
一杯頂きながら、かってな事を言うのは、極楽、極楽。
添付の作品は、ススキの原を登る象さんをイメージして撮りました。

深川めぐり


地元の公民館に、面白い企画があります。欲張り写・探・歩といいます。写真を撮る・探訪、学習をする・歩くの3つを欲張ってやろうと言うのです。毎年、20人くらい参加します。新年1/13に実施しょうと言う事で、館長さんと二人で下見に行きました。
門前仲町から森下までのコースです。
七福神・芭蕉記念館・深川江戸資料館・清澄庭園など、半日では中味が豊富できついコースです。
添付の写真は、芭蕉がこれから奥の細道に旅立つ姿でしょう。隅田川河畔にあります。
帰りは、大江戸線で新宿に戻り、西口で焼酎1本二人で空けて、うかれながら帰路につきました。
極楽、極楽・・・・・・

12月例会作品


私の属している会では、毎月作品審査があります。今月は12/3の土曜日の夜でした。
会員の前での公開審査です。最近、リバーサル、ネガ、デジカメのインクプリント、銀塩プリントと色々です。審査員の先生も大変です。
7部門ありましたが、4部門だけ出しました。多いものでは、5,60点少ないものでも10点はあります。金1、銀2、銅3、入選5、だけが表彰の対象です。私は、銅、銅、入選、選外でした。
右の添付の作品は、残念ながら選外です。この秋、那須の茶臼岳で撮ったものです。数年前に行ったときあった倒木が、まだ残っていたので再会の記念に撮りました。

新院展


中央下段の金色のガクソウの作品は、審査員のロッキー田中さんです。「火の鳥」は、富士の空が真っ赤に焼けています。さすがの色と感動しました。

養老の滝


12/2の養老の滝ですよ。静かな静かな渓谷でした。

鎌倉から養老渓谷

今日は、同業OB12人ほどで、バスツアーに参加しました。
あわよくば、遅めの紅葉が撮れるかなあと、期待していきました。
鎌倉は、イチョウがきれいでした。神楽の練習がある模様でした。
若い3人の楽師が音合わせをしていました。
 紅葉背に静の舞いの音合わせ
それから、久里浜で船に乗り金谷に向かいました。
養老の滝までは、山道を結構走りました。
滝の周辺は盛りを少々過ぎていましたが、見物客はたくさん居りました。
何処かの放送局が実況放送していたそうです。
帰宅は、9時30分でした。
2食つきの長い一日でした。

赤富士のさしかえ


赤富士の色が悪いのでさしかえします。

東京都美術館


上野の公園口から、外に出ると毎回の事ながらたくさんの人たちが動物園や博物館、美術館に向かいます。少なくなったハトに邪魔されずに進めます。
写真の搬出に出向きました。会場で、直接作品を頂きました。写真は絵画に比べて小さいせいか、残念ながら3段展示でした。せめて、2段にしてもらいたかったですね。3人でお昼を食べながら、そんな話をしました。
それにしても、似たような会がいくつもありました。色々とあるものですね。それだけ主張があるわけですから、それもいいことなんでしょうね。でも、それ程作品に差があるようにも見えませんね。
プロフィール

田舎教師

Author:田舎教師
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。